ブライダル豆知識3 ~なぜ、ウエディングドレスは“白”なのか~

leftmenu
ご予約・資料請求 ご相談はこちらから
menu_btm
ブライダルフェア情報
パーティーレポート
ウェディングプランナー奮闘記
ウェディングムービー
 ブライダル豆知識3 ~なぜ、ウエディングドレスは“白”なのか~
( 2010-06-19 )
 
皆様、こんにちは!
 
 
本日は、女性の憧れ!!
 
“真っ白なウェディングドレス”に隠された秘密をご紹介致します
 
なぜ、ウェディングドレスは “白”なのか疑問を持たれたことはございませんか?
 
そもそも、ウェディングドレスの起源と言われているのは、ローマ時代。
 
キリスト教の普及により教会で結婚式が行われるようになり、
 
新婦様がドレスをお召しになるようになったのが始まりです。
 
この頃は、ドレスに色の決まりはなく、新婦様はご自身でお持ちになっている
 
一番良いドレスを結婚式用としてお召しになっていました。
 
しかし、1840年、絶頂期のイギリス帝国を統治していたヴィクトリア女王により
 
“白のウェディングドレス”が定着しました。
 
ヴィクトリア女王は、当時流行だった“白”のウェディングドレスで結婚式を挙げ、
 
その様子が新聞や雑誌で大きく取り上げられ、
 
その美しさに、女性たちの間で白のウェディングドレスが大人気になり、
 
今では“ウェディングドレス”=“白”と定着しました。
 
 
また、日本人の肌色には“純白”よりも少し黄色がかかった“オフホワイト”がお似合いになるそうです
 
 
新人プランナー宇野(^^)/
 
 
 
 
.
前の記事へ 一覧へ 次の記事へ
メールフォームでのお問い合わせ 資料請求はこちらから お問い合わせはこちらから
お電話でのお問い合わせ お電話でのお問い合わせ

岸和田グランドホールへのお問い合わせはこちらへどうぞ。
見学のご予約からご質問等、些細なこともお気軽にお尋ねください。

spacer