岸和田城天守閣挙式

 岸和田城天守閣挙式
758_2_c.jpg
伝承では、建武新政期に楠木正成の一族和田高家が築いたといわれています。
天正13(1585)年、羽柴秀吉は紀州根来寺討滅後、伯父小出秀政を城主とし、秀政によって城郭整備され、天守閣もこの時に築かれました。
その後寛永17(1640)年、岡部宣勝が入城すると、以後明治維新まで岡部氏13代が岸和田藩を統治しました。
本丸と二の丸を重ねた形が、機(はた)の縦糸を巻く器具「縢」(ちきり)に似ているため、千亀利城(ちきり城)とも呼ばれています。「契り」とかけて縁結びとしても知られています。


フォトギャラリー
758_5_s2.jpg
758_6_s2.jpg
758_7_s2.jpg
758_8_s2.jpg
758_9_s2.jpg
758_10_s2.jpg
758_11_s2.jpg
758_12_s2.jpg
758_13_s2.jpg
758_14_s2.jpg
758_15_s2.jpg
758_16_s2.jpg
758_17_s2.jpg
758_18_s2.jpg
758_19_s2.jpg
岸和田城ウエディング相談会開催中!
http://www.grandhall.co.jp/wedding/fair.html
メールフォームでのお問い合わせ 資料請求はこちらから お問い合わせはこちらから
お電話でのお問い合わせ お電話でのお問い合わせ

岸和田グランドホールへのお問い合わせはこちらへどうぞ。
見学のご予約からご質問等、些細なこともお気軽にお尋ねください。

spacer